そのKPIは本当に正しいですか?
広告のポテンシャルは業界平均値を使って正しく理解
業界ごとのデジタル出稿トレンドがわかる

FARO AD TREND

FARO AD TRENDでできること

サイト誘導数最大化

CPCに”のびしろ”があるメディアを見つけて運用リソースを強化することで、誘導数向上を実現できます。比較対象とする集計期間は任意で変更ができるので、前年同月の実績や、繁忙期や閑散期を踏まえた数値を活用することも可能です。

feature1
feature1

CV数最大化

CPAに”のびしろ”があるメディアを見つけて運用リソースを強化することで、CV数向上を実現できます。こちらも集計期間は任意で変更ができるので、ボーナス時期やクリスマス商戦といった市場が活発になる時期や、年度末の駆け込み期を指定することも可能です。

feature2

運用リソース最適化

"のびしろ"の大きいメディアを発見し運用リソースを集中することで、全体CV数向上を実現できます。メディアはGoogle広告やYahoo!広告をはじめとして、Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告に対応しています。

検索広告だけでなく、SNSを含むディスプレイ広告メニュー同士の比較も可能です。

feature3

その他の活用例

  • 自社実績が自動で更新されるため、レポートツールとしても利用できます。
  • パートナーからの速報値や翌月の報告を待たずに、調整や方針変更の判断ができます。
  • 業界平均値を使用して、任意の予算投下時のシミュレーションを作成できます。
  • 業界トレンドをキャッチアップして、報告書のリッチ化・説得力向上を実現できます。
上図の例では、ビューティ・エステ業界の盛り上がりが「年始」「夏前」「真夏」に来ることと、その時期のCPCの目安がわかります。
複数の業界をまとめて比較もできるので、他業界も含めた市況全体を俯瞰してビジネス判断の要素として使用することもできます。

FARO AD TRENDの強み

実際の運用データを使用

FARO AD REPORTに接続している、実際に広告配信を実施している約7,000の広告アカウントからデータを直接収集しています。推定値ではなく、実データを使用している点がFARO AD TREND最大の特徴です。
※アカウント名やキーワードなど広告主の特定につながる情報は匿名化されているため、確認できません。

feature1

業界単位での比較分析

人材、医療・診療、ビューティ・エステ、アパレルなど27業界に対応しています。グラフ以外にCPCやCPAの実数値も確認できるため、自社実績との比較が可能です。
連携広告アカウントの増加に合わせて、対応業界は随時追加予定です。

feature3